岡山市南区の歯科医院わたなべ歯科クリニック

お問い合わせ

わたなべ歯科の藤本です。訪問診療は私に任せてください!!最後まで口から食べる喜びを。

わたなべ歯科の藤本です。訪問診療は私に任せてください!!最後まで口から食べる喜びを。

往診専門の歯科衛生士の藤本です。

中学校1年の時、自信満々の一風変わったO先生と出会い、英語が好きになりました。
高校3年の時の担任のT先生が、「これからは、企業がブラジルにどんどん出ていく時代だ。ポルトガル語を勉強してはどうか」との言葉を後押しに、将来は通訳になって世界を駆け巡るんだという大きな夢を描き、ポルトガル語を専攻しました。
その矢先に、母が病に倒れました。
大学は何とか卒業したものの、さてどうしよう・・・
迷っているときに、親友のお父さんがうちで働かないかと誘って下さいました。
なんと、その方が歯科医だったのです。
そこの歯科で働きながら学校に通い、晴れて歯科衛生士になりました。
その後結婚をして専業主婦になり、子育てをしながら母の介護を続けました。母は亡くなる前の7年間は、胃ろうをして寝たきりでした。
ずっと母を自宅にて家族で見守り、平成18年に見送りました。

さてこれからどうしよう・・・

母を看取った経験から、介護はできる。歯科衛生士の免許は持っている。
そんな折、歯科衛生士学校の同期である、当医院の歯科衛生士村田さんの紹介でこちらに勤務することになり、現在往診の歯科衛生士として働いています。

入社以来9年間、たくさんの方を訪問しました。
3カ月間、口腔ケアを拒否し続け、口を開けなかったおばあちゃん。
また、作った入れ歯の着脱が難しく、だらだらよだれを流しながらも頑張って練習していたおばあちゃん。
そして固いお菓子と間違えて、入れ歯を飲み込んでしまったおじいちゃん。
それから、自分の入れ歯と人の入れ歯の両方ふたつ口に入れて、涼しい顔をしていたおばあちゃん。
いろいろな方と出会いました。
みんなみんな宝の思い出です。

これからも、おじいちゃんおばあちゃんと泣いたり笑ったりして、一緒に寄り添いながら、最後の最後までお口から美味しいものが食べられるように、学び、努力し続けてまいります。

本当に、「人生において起きる出来事には、すべて無駄はない」を実感し、感謝する毎日です。

S_5323706120031

↓↓趣味でトールペイントをしています☆

S_5323706093236

 

カテゴリー : お知らせ

理事長と歯科衛生士と患者様の本音トーク
診療をご希望の方
お問い合わせ