岡山市南区の歯科医院わたなべ歯科クリニック

お問い合わせ

幸せの循環

幸せの循環

先日夜中に、2歳の息子に「寒いからおかーさんが下で寝て!(親がベッドで息子は床に敷布団なんです)」と起こされた、マネージャーの樋口ですこんにちは笑

ほんと急に寒くなりましたよね!

今年の夏の合宿の際にスタッフ全員でグループミッションを決める際、ワードの中の候補に挙がっていた“幸せの循環”という言葉が私はすごく好きで印象に残っています。

【情けは人のためならず】とか【金は天下のまわりもの】みたいなイメージで、与えた人から与えただけの見返りを求めても、見返りがなかったり、あっても自分の希望通りでないと思ってしまうといつも苦しいだけなんですよね。

【GIVE&TAKE】でなく【GIVE&GIVE】と理事長の渡辺も申しておりましたが、今朝読んだ“職場の教養”にもたまたま同様のことが書かれており、特に心に残った言葉でした。

【GIVE&GIVE!!!】与えて与えて与えまくる!

目の前の人が喜んでくれたらそれでいい。

そんな気持ちで今年1年ももう終わりそうです。

 

 

 

カテゴリー : お知らせ

私の大好きな患者さん

先日、15年間担当をさせていただいた患者様が旅立たれました。

とてもきれいな方で、笑顔が素敵で明るくて優しくて・・来られたときはいつも、娘さんやお孫さんのお話を楽しそうにしてくださっていました。

私もそのお話をお聞きするのが大好きで、いつもお会いできることを楽しみにしていました。

 

その方の担当にならせてもらったのは、私が新卒1年目のとき。

歯科衛生士としての知識も技術もままならない状態の中、私の拙い施術を笑顔で受けて下さっていました。

 

あれから15年。

娘さんがご結婚をし、お孫さんが生まれ成長していく姿を温かく見守られていました。

 

大病を患いながらも通院を続けてくださっていたその方に、もうお会いすることはできません。

最後にお会いしたお顔は、とても安らかで、やっぱり美人だなぁ~と涙が溢れました。

 

悲しさや寂しい想い、でも、それ以上に私を襲ったのは、後悔の念でした。

もっと早くにお見舞いに行くことができていたら・・もっと早くに動いていたら・・

 

後悔とは、こうすればよかった、という想い。

それは、次へ生かせる気づきや学びであり、結果、それは後悔ではなく成長のチャンスなのだと、今まで思っていました。

確かに、今回のことは、これからの私の生き方に大きな変化をもたらすことでしょう。

ですが、あの方に対する後悔の気持ちは、一生なくなることはないということを、知りました。

でも、そんな風に私が思っていることを優しいあの方が知ったら、「大丈夫よ、丸山さん!会いに来てくれただけで充分」と、おっしゃってくれることでしょう。

 

友人ではないけれど、家族ではないけれど、あの方と過ごすことができた15年という月日は、患者さんと歯科衛生士という枠を超えた、それ以上の関係であったと、感じています。

そんな関係を築かせていただけたことは、歯科衛生士人生の、丸山恵理という人生の中の大切な宝ものです。

大好きなNさん、ほんとうにありがとうございました。

 

イエスデンタルオフィス
丸山 恵理

カテゴリー : お知らせ

幸せの瞬間

往診チームの藤本です。

診療室では、患者さんのほうから診察に来られますが、往診はご本人からというよりも、施設の方、ご家族、ケアマネージャーなど周りの方からのオファーが多いのです。

先日、ある施設に入居されている女性が歯周病で下の歯がグラグラし、止む無く抜歯しました。隙間の空いたところがとても気になり、なんとかならないのかと、矢のような催促!

「入れ歯はいやだ!」

「では、ブリッジにしましょうか (≧∀≦)」

痛くないように麻酔をして、両脇の歯を削って形成をするという長〜く辛〜い診療を、往診の現場でなんとか頑張り通しました。

そして、仮歯が入りました。

その時に、うちの歯科衛生士が、

「まあ、素敵   (^ ^)」と。

その時の患者さんの嬉しそうな顔ったら   (o^^o)

まさに幸せの瞬間を見せていただきました。

現在、今か今かと仮歯ではなく本当の歯が出来上がる日を、心待ちにされています。

良かった。良かった。( ◠‿◠ )

 

 

 

 

カテゴリー : お知らせ

123
理事長と阪木医師の対談
理事長と歯科衛生士と患者様の本音トーク
診療をご希望の方
お問い合わせ