岡山市南区の歯科医院わたなべ歯科クリニック

お問い合わせ

口腔機能発達不全症ってなあに?

口腔機能発達不全症ってなあに?

久しぶりの投稿になってしまいました。わたなべ歯科クリニックの宮本です。だんだんと寒くなってきて、岡山でもインフルエンザがちらほらと出てきているようですね。皆様に健康を提供する側なので、しっかり予防をして健康管理をしていきたいなと思っています。

さてテーマにある、「口腔機能発達不全症」ですが、ご存じでしょうか?

2か月ほど前になりますが、9月8日に大阪に「口育」(こういくと読みます。)のセミナーを受けてきました。私も子育てをしているので、前から興味はあったのですが、ざっくり言うと成長に合わせた口腔機能の発達についての勉強会でした。

「口腔機能」とは「食べる機能」「話す機能」「呼吸する機能」のことで、これらの機能が正常に獲得できていない状態のことを「口腔機能発達不全症」といいます。この傾向が見られるお子さんには、乳幼児期からの口腔機能の正常な発達を促すように指導する必要がありますが、その必要性があるお子さんが近年とても増えています。

乳幼児の口腔機能は、放っておいて自然に発達するものではなく、哺乳・離乳の時期から始まり、段階的に正しい経験を積んで、徐々に発達していくものになります。この「段階的に正しい経験を積む」ことを知らずに、インターネットなどの偏った情報に依存して保育してしまうと、お子さんの正しい成長と発育を阻害してしまうケースもあります。

歯科医院では、口腔機能の成長発達を阻害するものとして、大きく3つの要因に分けて考えます。

ひとつめは「乳児嚥下の残存」です。

少し難しいですが、「嚥下」(えんげ)とは飲み込むことで、乳児嚥下の残存とは、「月齢は成長しているのに、赤ちゃんのような飲み込み方がそのまま残っている状態」ということになります。本来ならば月齢が進むにつれて、その時期に獲得したい口腔機能に合わせた離乳が必要になってきます。専門用語で言うと「成熟型嚥下」に移行していく時期なのですが、いくつかの要因でこの成長を阻害してしまうことがあります。

ふたつめは「口呼吸」です。

医科でも最近話題になることが多いですが、鼻呼吸ができず、口で呼吸をしていることです。本来は口は呼吸をする器官ではないのです。鼻呼吸と比べると、雑菌やほこりなどを含む乾燥した冷たい空気が直接肺に入り、酸素が供給しにくい状態になってしまいます。また雑菌やウイルスも直接取り込まれるため、風邪をひきやすい、口が乾燥する(虫歯や歯周病も悪化しやすいです!)など多くの弊害があるといわれています。

正常な鼻呼吸ができず、口呼吸をする習慣があると、舌のポジションが低位な状態(低位舌)になりやすく、嚥下の機能発達に悪影響を及ぼします。舌の機能については、この前「ほんまでっかTV」でも特集されるほどで、とても大切な事だと少しずつですが認知されてきています。

みっつめは先ほど出てきた「低位舌」です。

舌のポジションはもっとも重要で、普段から舌の先が「スポット」と呼ばれる場所に触れており、嚥下(飲み込む)の際には、上あごにしっかり密着するように挙上されるのがとても大事です。もともと舌の動きが悪いケースでは、舌小帯と呼ばれる舌の裏側のスジが正常より短いことがあります。ケースによっては切除の必要もでてきます。また低位舌は口呼吸と関係しており、歯並びにも関係しています。

 

この3つの要因はお互いに影響し合っていて、結果として「口腔機能発達不全症」の状態になってしまいます。当院では、お子さんの正常な機能発達が得られるように「口腔機能の正しい発達を促す指導」を行っています。ケースによっては舌の動きを改善するような装置を用いて、本格的なトレーニングをする必要もあります。MFT(口腔筋機能療法)と呼ばれており、乳幼児期の口腔機能の正常な発達は、結果的にですが綺麗な歯並びにもつながります。

色々と書きましたが、この記事を読むだけでは難しいと思います。それに、うちの子はどうなの??と心配になることもあると思います。当院には、口腔機能の発達についてのセミナーを受講をして認定を受けた「口育士」が在籍しています。気になる方、ご興味のある方はどしどしスタッフまでお問い合わせください!

カテゴリー : お知らせ

歯医者でも難しい我が子の歯みがき習慣化

みなさん、こんにちは!

We Dental Clinic院長の小川です。

今回は2歳頃からの歯磨き習慣について、小川家での取り組みの話です。

 

こどもの歯磨きを習慣化させることってすごく大変ですよね。

大人でも大変な(めんどくさい?)歯磨きをこどもに躾けるなんてとても難しいことです。

 

我が家には29ヶ月と010ヶ月のこどもがいます。

歯医者のこどもとはいえ、やっぱり歯磨きはイヤイヤです。笑

恥ずかしながら、アンパンマンやしまじろうの力を借りながらでないと仕上げ磨きをあまりさせてもらえませんでした。

 

歯磨きをイヤイヤさせたくない

 

自分から進んで歯磨きするようになってもらいたい…

 

そんな思いはありつつも、試行錯誤の日々でした。

 

2歳の誕生日を過ぎたあたりからごく稀に歯ブラシを自分で持ち磨くことがありました。

 

これをなんとか持続させたい!

 

そんな思いを夫婦で共有していました。

 

それから数日後、仕事から帰り洗面台に目をやると

 

 

 

 

なんと、こども用の歯ブラシスタンドが用意してある!!(しかも材料はすべて100均!!笑)

 

なるほど!

 

確かにこどもの手が届く位置にあれば、興味を持つし自分から進んで歯磨きができるはず。妻、やるな。

 

早速効果はテキメンで、おとなが洗面台に立ち歯磨きをしていると、後ろから「何やってるの?」とやってきて、自ら歯ブラシに歯磨き粉をつけ、歯磨きを始めました。

おとながしていなくても自分から歯ブラシを取りに行くこともあります。

 

ついでにこども用のコップも手の届く位置に置き、うがいの練習もできるようにしてみました。

 

 

 

 

まだまだ習慣化は完璧ではありませんが、歯磨きを始める前のムシバイキンが歯を食べちゃうよ的な話がカットできるようになったので、その点において育児の負担は減りました。笑

 

いかがでしょうか。

何かの参考になれば幸いです。

 

ひとつ、注意点としては、こどもが歯ブラシを口にくわえていて転んでしまうと喉に刺さり重症を負う危険性があります。日頃からおとなが見ておくことや、言って聞かせる必要はあります。

最近は、喉に刺さりにくいように形が工夫してある歯ブラシもあるのでよかったらそれも使ってみてください。

 

カテゴリー : お知らせ

神戸へセミナーを受けに行ってきました

We Dental Clinic 院長の小川です。

8日(日)に神戸までセミナーを受けに行ってまいりました。

今日もクリニックは診療しておりますが、頼れるスタッフに現場を任せて、私は朝から神戸へ。

今日の学びは、「Minimal Invasive (最小限の侵襲)」と「Comprehensive Dentistry(包括的歯科治療)」です。

1本の歯をいかに精密に治すか…

全体的に改善が必要な場合、どのようにアプローチするか…

6時間にわたるとても素晴らしい講演でした。

 

 

 

なるべく自分の歯は残したいし、予知性の高い治療をしてもらいたい…ですよね?

歯科医療は日々進歩しています。

少し前までは難しかったことも技術の進歩でできるようになっていたり、

材料の臨床データが出揃い信頼性が高まってきた治療法があったり、

外へ出るたびに新しい情報と出会います。

様々なご要望をお持ちの患者様一人一人に対応できるようにするため、これからも知識・技術を磨き続けてまいります。

カテゴリー : お知らせ

理事長と阪木医師の対談
理事長と歯科衛生士と患者様の本音トーク
診療をご希望の方
お問い合わせ